耐久性・価格で選ぶ!樹脂フェンスおすすめランキング

top > フェンスの情報 > まるで本物の木材みたいな樹脂フェンス

まるで本物の木材みたいな樹脂フェンス

その昔、自宅周囲の仮囲いとしては、あの、なつかしい板塀が主流でした。
世界的な木材の伐採と、それに伴う、木材不足で、輸入木材の価格は、毎年、右肩上がりです。
これでは、昔のように、自宅の周囲を板塀で囲うことは、ままなりません。
お金がかかるからです。
日本人は素晴らしい民族で、その発想の豊かさは、世界的に見ても注目されています。
木材が少ないのであれば、それに代わるものをつくろうではないか、という発想です。
樹脂フェンスは、樹脂に木粉を混ぜて、みかけは、まるで本物の木のように見えます。
美しい木目調のデザインと、豊かな色合いが、庶民の心を捕らえました。
樹脂フェンスは、毎年、右肩上がりの販売成績を残せるようになりました。
樹脂の最大のメリットは、木材のように、やがては腐食するということがないことではないでしょうか。



樹脂フェンス選びでは目的を明確化することが大切

建売住宅を購入するにしても、あるいは自分の好みを建築業者に伝えることができる注文住宅を購入するにしても、住宅選びの一つのポイントは住宅の仮囲いではないでしょうか。
われわれが、フェンスを選ぶ場合に大切なのは、その目的を明確化することです。
例えば、防犯が目的であるフェンスで、隙間だらけのフェンスはいただけません。
建物の防犯性を保ちながら、しかも、外部から見て美しいとか、風通しがよいという条件が加わってきます。
その際大切なのは、複合的な視点で考えることです。
つまり、防犯効果を高めつつも、あわせて、開放感のある景観が望ましいということです。
二つの、矛盾する目的の、ちょうど中ごろに、折衷的なおりあいをつけるのは、実は、たいへん難しいことです。
これは、自分たちだけで決めないで、樹脂フェンスの専門家に相談するのが賢いやり方です。



樹脂フェンス選びでは家や庭との調和が大切

地球のちょうど裏側にある南アメリカには、あの広大なアマゾンのジャングルがあります。
昔は、人気のない地域でしたが、いまでは、貴重な野生動物をねらったり、あるいは、森林伐採をして大規模な開発をやっています。
それで、世界は、深刻な木材不足という、予想だにしない結末に遭遇しました。
実際、木材の価格の高騰には、目を見張らされます。
日本も、それらと無縁ではあり得ません。
例えば、一戸建て住宅の仮囲いがあります。
昔は、板塀が主流でしたが、いまでは、安価で大量生産が可能である樹脂フェンスに取って代わられています。
樹脂フェンス選びでは、家や庭との調和が一番大切です。
まず、外部から、フェンスや住宅がどんな風に見えるかをイメージします。
それと同時に大切なのは、家の中から見て、フェンスがどのように見えるかということです。

次の記事へ